豊かな人間性の素地を育てる・学校法人みどり幼稚園


アルバム


八幡山へ秋の遠足


10月18日、秋の遠足。

年少さんと年中さんは八幡山へ行きました。



心配していた雨は上がり…さあ、出発です。



「八幡山へいってきまーす!」



秋の長雨で田んぼはこのとおり。



「わあ、水がいっぱい」





稲刈りが終わった風景に秋を感じます。





「かたつむり、み〜つけた!」





「こっちにも」「あっちにも」





稲刈りが終わっていない田んぼは一面黄金色。





坂が急になってきましたが、一歩一歩踏ん張りながら登ります。



「みんな、あの果物、な〜んだ?」



「柿!」「ぼくの今日のお弁当に入っているよ」



柿の隣りには、栗もいっぱいです。


緑に包まれた八幡山への道。



木々が風で揺れ、ゴーゴーと鳴っています。



「あっ、どんぐり」



どんぐりを見つければ、拾わずにはいられない。





「拾えたよ」





てっぺんはもうすぐ。



はい、着きました。みんなよく歩きましたね。



まずは、この山を守る石清水八幡神社にごあいさつです。



こちらからは今治市内が一望できます。



まさに絶景!



山の中では、それぞれが興味や関心、気のおもむくまま
自由に活動します。



年少さんが集まって、見つけたものは…




かまきりでした。




木のもとに行けば、一面、どんぐり、どんぐり!




「一緒にどんぐり拾おう」





「ほ〜ら、見て見て」




色や形の違いを楽しみながら…



袋にいっぱい。ポケットは、はち切れんばかり。




森のなかはとっても静か。





落ち葉ふかふかいい気持ち。





澄んだ空気がとってもおいしい。





「ほら、見てー、ここ、ここ」「ん?」



「きのこだよ」


茶色いのもあれば、白いのもあって…


「こっちにきて、きて」



「恐竜の足!」



がけのぼりは人気の遊び。



のぼってはすべって…何度も何度も挑戦する姿が見られます。





初めての年少さんは恐る恐る…





木にもつかまりながら…





子どもの心を解き放つ自然の遊び。みんなとてもいい表情。



「わあ、大きな木が倒れとる〜」



木にまたがって、バランスを保ちながら前へ前へ。





あっという間にお昼の時間。





「いただきます」



ふたを開けてにっこり。



「わあ、おいしそう」





自然のなか、お友達と食べると、何倍もおいしく感じます。



たくさん体を動かしたので、みんなもりもりよく食べましたよ。




「あっ、かめむし」



お弁当のあとは、お菓子の時間!



いっぱい並べて…「お菓子屋さんですよ〜」





「クッキー、おいしいよ」





遠足はお友達の仲も深めます。





豊かな自然に身をまかせ、秋をいっぱい感じた遠足でした。











copyright©Midori Kindergarten,Ehime,Japan 2004