豊かな人間性の素地を育てる・学校法人みどり幼稚園


アルバム


海のおはなし


瀬戸内海を望む町に住む私達には海が身近にあり、

海水浴や釣りなど海に接する機会も多いことと思います。

6月23日、これから迎える海の季節を前に、今治海上保安部の方が来園して、

海についてのお話をしてくれました。





かっこいい制服を着た4名の保安官です。



さて、今日来てくれている海上保安ってどんなお仕事をしているのかな?
まずは海上保安部の自己紹介です。



海上保安部は・・・
船の火災を消したり、海で悪いことをする人を捕まえたりするなど、
海の消防・警察の役割をしているとのことです。



海を守るため、ヘリコプター・飛行機・船を保有。



今治海上保安部には色々な大きさの4隻の船があることを教えてくれました。





絵を交えながらわかりやすく説明してくれます。





みんな興味津々。



プロジェクターを通して海の環境についての紙芝居をしてくれました。



海にごみを捨てると、お魚など海の生き物が病気になったりケガをしたりするんだね。
かけがえのない大切な海を汚さないことをお約束したよ。



水難事故防止のために、海で遊ぶときのお約束も4つしました。



1、準備体操をして海に入ろうね。
2、海では大人と一緒に遊ぼうね。
3、浅いところで遊ぼうね。
4、天気が悪いときは海で遊ばないでね。





そして、最後に海上保安のマスコット「うーみんちゃん」が登場!



子ども達からの質問も。



「保安官になるにはどうしたらいいですか?」
「勉強と運動をがんばったらなれるよ」



うーみんちゃんと握手!



「やわらか〜い」「わ〜、フワフワだ」



思わず、抱きつく子もいます。



海についての理解を深めた子ども達。
ご家庭でもぜひ海の大切さやマナーについてお話してみてはいかがでしょうか?











copyright©Midori Kindergarten,Ehime,Japan 2004